阿真ビーチで野生のウミガメが見える青い海!沖縄の離島の座間味島のに行ってきました!

沖縄の離島の座間味島に行ってきました!

f:id:starbucksfanfan:20161002141853j:plain

野生のウミガメが見える青い海!

沖縄の離島の座間味島に行ってきました!

 

 

 

海がきれいすぎる

海が青く透き通っていて、どこにいても

見たことがないような色の海でした。

 

そんな綺麗な沖縄の離島の座間味島は

那覇から高速船で50分!普通船だと約二時間

慶良間諸島は渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島、前島の

5つの有人島と、他数多くの無人島があります。

 

その中で2番目に大きな島が座間味島です。

 

座間味島へは高速船とフェリーが運航しているのですが、

高速船は最短で50分でいけますが、予約がいつも取れない状態が続きます。

 

座間味に行くためにはこちら

フェリー・高速船料金表|座間味村インフォメーション 座間味村公式webサイト

高速船などの予約の確認

座間味村乗船空席状況

 

フェリーは2時間近くかかってしまいます。

とにかく早く海にダイブしたいという人は、

高速船で向かいましょう!!

 

沖縄の座間味島は、世界でもトップクラスの海ということで

何も情報は調べることなく行ってきました!

https://www.instagram.com/p/BLCxosZgzQ0/

 

弾丸ツアーのため往復四時間かけて行ったのに、
滞在時間二時間のみ!!(笑)

ミスしたら帰りの飛行機にも乗り遅れるという

チャレンジ旅でした!!

 

座間味島には、亀も運がいいと見えるということだったけど、
なんと、奇跡的に一緒に泳いでくれました!!

 

 

ほんとに天然野生の海ガメ…今回の旅で

一番の感動でした!

また、ここは行きたいなー!

もう少し長い時間とって…。(笑)

 

阿真ビーチでは一緒に泳ぐことができるチャンスがあります

 

 

近くにある古座間味ビーチはミシュランで評価されたことで

日本人も外国人観光客が大変多いですが、

こちらの阿真ビーチは落ち着いた雰囲気の中のんびり出来ます。

 

港から歩いて15分くらいでいけるところなので

泳ぎに行くだけでもいいところだと感じます。

 

僕が行ったときは3人くらいしかいなかったので

本当に隠れたビーチ他いうことがわかります!

 

阿真ビーチ情報はこちら

阿真ビーチ|座間味観光ガイドマップ 座間味村公式webサイト

 

 

夕日もとても綺麗な座間味島

 

夕日もとても綺麗なため、夕日もゆっくり見ながら

素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

座間味島で宿泊するならこちらから

Booking.com: 座間味村のホテル. 今すぐホテル予約!

 

 格安飛行機を探している方は

スカイスキャナー を使用しましょう!

 

 ここもおすすめ

 

 

 

ブログの専門書をはじめました!

f:id:starbucksfanfan:20170208014237j:plain

元プロブロガーが教える【ブログの専門書】

 

ぜひこちらも確認してみてください!!

 

 

 

※新しく何か始めてい方へ※

===================

読むだけで収入を得たり、

自然に自分が叶えたい願望達成

してしまうノウハウを作りました!

===================

 

 

【こんな方に読んでもらいたい】

・今自分で何か挑戦してみたい

・方向が定まらなくて、悩んでいる

・売り上げをあげたい

・結果を伸ばしたい

などの方に特におすすめです。

 

絶対に読んで損はない内容です!

ぜひご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓

BASEアプリ40万フォロワーショップが語る売れるショップの運営テクニック

 

不安な時こそ、みんなで支えあい、出会わなくても多くの方が繋がれるような世の中を今だからこそ作り上げていきたいと感じております。

そして落ち着いた後は実際にみんなでお会いする場を設けたりして身近な人をサポートできたらと感じております。

実施する想いわたしたちの想いとしては、繋がりを大切にし、自分たち自身も新しいチャレンジをして、循環できるような社会になれるように取り組んで行きたいと思っております。

ABOUTこの記事をかいた人

元ブロガーで、東北の震災をきっかけに月数百万稼ぐブログをやめる。後に地域と伝統を大切にしたくて、岐阜県にある美濃焼タイルアクセサリーpopoloを開始! BASEアプリフォロワー38万人突破!ロンドンでの出店も成功!!物作りで人×地域×ネットの繋がりを大切に活動中! ”目の前の人に喜んでもらいたい” そんな風に人と接する仕事がしたいと感じ、 今の活動スタイルになる。