ワードプレスなどのブログを音声入力で簡単に書く方法

今回はワードプレスブログを音声入力を使って簡単に書く方法を紹介してきたいと思います。

今日はこのようなことを話しするかというと、ブログをやっている上でなかなか続けられない理由の一つとしては文章を書くのがめんどくさいという声が多く聞かれます。

 

ワードプレスでブログを作ったことがない方はこちらを参考に作ってみてください!!ワードプレスでブログを書くなら、一番簡単なConoHa WINGのレンタルサーバーがおすすめです!!

 

実際に、ブログをおこなっていると難しいことばかりですが、やっていて、コツをつかめるようになったり、アクセス数が増えてくるときの喜びなども、感じれるとようになってきます!!

 

そしてブログの一番の成功法は、コツコツ続けることこれに間違いないと思います!!くじけずにチャレンジしていきましょう!!

 

さとる
そもそもブログを書くのに文章がめんどくさいってギャップがありますが(笑)!

 

ブログの書きたいことをイメージする

ブログ記事のテーマを決めてから、ブログの書きたいことをイメージするのをまずは意識しましょう!

イメージを作らないとなかなか作業が続かない方が多いので、イメージを作ることをお勧めしています!その方法も紹介しますね!

 

ブログのイメージの作り方

<h2>××をとは??</h2>

<h3>1.✕✕の理由</h3>

✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕

<h3>2.××をいかすためには?</h3>

✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕

<h3>3.××を使いこなすには?</h3>

✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕

<h2>まとめ</h2>

✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕

 

音声入力でブログでのやり方

音声入力でのブログの書き方はiPhoneの方だったら、メモ帳などの場所にいき日本語入力状態にして『マイクボタン』をクリックすれば、音声入力がすぐにできます。

 

Android の方はアプリを取っていただくか、 Google ドキュメントを使って音声入力をやってみましょう!

 

おすすめの使い方

iPhoneの方はマイクのボタンを使う

パソコンの方はグーグルドキュメントがおすすめ!

 

Google ドキュメントを使ってやる場合は、

ツール→音声入力という手順でやっていただくとマイクが出てきて使えるようになります!!

さとる
簡単だから使いこなそう!!

 

今ここに書いた情報の他にも、まだまだいっぱいテクニックなどがたくさんありますのでそちらはブログのライブで紹介した動画を是非見て頂くと勉強になると思いますのでぜひ動画を見て学んでみてください。

 

まとめ

今回紹介した方法は実際に僕も使っているしかなり役に立つようなテクニックになりますので是非活用してみてはいかがでしょうか??

少しでもブログの書く時間などを減らして負担を少なくすることによって時間を有効活用できるかと思いますので、ぜひ今回のテクニックを使って新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか??

ブログのノウハウが知りたい方はこちら
プロブロガーが教える【ブログの専門書】

まだブログを始めたばかりの方はぜひこちらを見てね♪
初心者に教えるアクセスアップと3つの考え方

どれくらいのアクセスがあるとどれくらいのレベルかわかるチェックもしましょう。
ブログ月間PV数でわかるブロガーレベル!アクセス数ランキング

 

 

不安な時こそ、みんなで支えあい、出会わなくても多くの方が繋がれるような世の中を今だからこそ作り上げていきたいと感じております。

そして落ち着いた後は実際にみんなでお会いする場を設けたりして身近な人をサポートできたらと感じております。

実施する想いわたしたちの想いとしては、繋がりを大切にし、自分たち自身も新しいチャレンジをして、循環できるような社会になれるように取り組んで行きたいと思っております。

ABOUTこの記事をかいた人

元ブロガーで、東北の震災をきっかけに月数百万稼ぐブログをやめる。後に地域と伝統を大切にしたくて、岐阜県にある美濃焼タイルアクセサリーpopoloを開始! BASEアプリフォロワー38万人突破!ロンドンでの出店も成功!!物作りで人×地域×ネットの繋がりを大切に活動中! ”目の前の人に喜んでもらいたい” そんな風に人と接する仕事がしたいと感じ、 今の活動スタイルになる。