子育て中のママが成功する起業のための3つの要素 – スキルアップ、ネットワーク作り、自己啓発を学ぼう

子育てという大切な役割を果たしながら、自分のビジネスを立ち上げることを考えているとてもアクティブで素敵なママに。

今回は、自分のビジネスを立ち上げることで成功するための3つの重要なポイントを紹介します。これらのポイントを押さえることで、あなたも子育てをしながらの起業を成功させるための参考になると嬉しいです!

資格を取得する

まず最初に、興味を持つ分野での資格を取得することを検討してみてください。

資格は、専門知識を証明するだけでなく、顧客からの信頼を得るための重要なツールとなります。

さらに資格を持つことで、あなたのビジネスは他の競合と差別化され、より多くの顧客を引きつけることができることと、

資格を取る人の気持ちなども理解することができ資格を作る側になる意識も持っていくとなおおすすめです!

スキルが自分にはないと感じる方はまずは、自分でやりたいことを探すことも意識してみてください!

子育て中のママに人気のある資格

 

[box class=”pink_box” title=”ママに人気のある資格一覧”]

 

  1. ヨガインストラクター資格: ヨガは心と体の健康に良いとされており、自宅でも練習できるため、子育て中のママに人気です。ヨガインストラクターとして働くことで、自分自身のヨガのスキルを深めるとともに、他人にもその恩恵を広めることができます。
  2. 栄養士資格: 健康的な食生活は、自分自身と家族の健康を維持するために重要です。栄養士の資格を取得することで、正しい栄養知識を身につけ、それを仕事に活かすことができます。
  3. 英語教育資格(TESOL/TEFLなど): 英語の教育資格を持つことで、子供たちに英語を教えるだけでなく、オンライン英語教師として働くことも可能です。自宅で働けるため、子育て中のママにとっては理想的な仕事かもしれません。
  4. インテリアコーディネーター資格: 自宅の空間を最大限に活用するための知識とスキルを身につけることができます。これは、自分自身の生活を改善するだけでなく、他人の家やオフィスの空間作りを手助けする仕事にもつながります。
  5. ベビーマッサージ資格: ベビーマッサージは、赤ちゃんの健康と親子の絆を深めるための素晴らしい方法です。この資格を持つことで、自分の子供だけでなく、他の親子にもベビーマッサージの恩恵を広めることができます。

 

[/box]

[box class=”green_box” title=”人気の資格”]

趣味を仕事にしたい方にお勧め
メディカルハーブの資格を取得! 公式サイト

女性のための資格サイト
【SARAスクールジャパン】

[/box]

子育てとビジネスのバランスを保つ

子育てとビジネスの両方をうまくバランスさせることは、ママ起業家にとっての大きな課題です。

ビジネスがうまくいっても家庭環境がうまくいかないとなると本末転倒になってしまうからです。

しかし、時間管理のスキルを磨くことで、この課題を克服することができます。子育ての時間と仕事の時間を明確に分け、それぞれに集中することが重要です。

ですが、子どもを犠牲にしていると思わないことも大切なことです。子育てとビジネスの両立は難しいと感じるかもしれませんが、子どもを犠牲にしていると思うことは避けましょう。

子どもは、あなたが幸せであること、あなたが自分の夢を追い求めていることを見て学びます。

あなたが自分自身を大切にすることで、子どもも自分自身を大切にすることを学びます。

 

ビジネスの仲間のネットワークを広げる

最後に、ビジネスを成功させるためには、ビジネスの仲間のネットワークを持つことが重要です。他のママ起業家や業界の専門家とのつながりを作ることで、新たなアイデアやビジネスチャンスを得ることができます。

ママ起業でネットワークを広げて大切にしてほしいこともあります。

 

[box class=”red_box” title=”大切にしてほしいこと”]

人のせいにしない
成功するためには、自分自身の行動と結果に対する責任を持つことが重要です。子育てや家事、パートナーの行動を理由にビジネスがうまくいかないと考えるのではなく、自分自身の行動や決断が結果を左右するという視点を持つことが大切です。

1人で頑張らない
全てを1人でやろうとすると、時間とエネルギーが足りなくなり、ストレスが溜まります。家族や友人、仲間に頼ることで、負担を軽減し、より効率的に仕事を進めることが可能になります。また、専門家に相談することで、ビジネスの成長を加速することも可能です。

[/box]

 

子育てをしながらビジネスを立ち上げることは容易なことではありませんが、これらのポイントを心に留め、自分自身のビジネスを成功させる一方で、子育ても楽しむことを意識してみてください。

 

ママ起業家としての道は困難かもしれませんが、適ポジティブなマインドセットを持つことで、子育てとビジネスの両立は可能だと感じています!

中島悟

中島 悟 (なかしま さとる)
岐阜県民

1988年4月10日生まれ

僕は昔から何かを達成する新しいチャレンジだったりするのが大好きな人です😊

その影響で今でも新しいことを生み出したり形にすることが得意で人が想像しないようなことを形にしたり、アドバイスするそんなことが好きでやってます🥹  

ピンと来る方はぜひご連絡もお待ちしています!!

〜得意なこと〜
☀️文章で相手に伝えること元々ブロガーで、1日に20万人が最大で見る美容系のブログを運営。ブログアフィリエイトで収入を得た経験が今にいきています。

☀️ECサイト(ネットショップ)構築
ネットショップでは、美濃焼を使ったアクセサリーブランドpopoloがBASEのアプリフォロワー38万人を達成するブランドに! 
ロンドン、台湾、百貨店などで出店経験もあり!

クラウドファンディングも2度成功させることができ多くの方に知ってもらえるきっかけを作ることができる。

☀️クラウドファンディング
BASEでの活躍がきっかけでキャンプファイヤーでのクラウドファンディングを公式サポートできる提携事業者に選ばれました!

新しい事業をする際の資金調達に数あるプロジェクトのサポートをさせていただきました!
※自分が応援したいと思うプロジェクトのみのサポートをさせていただいています。

☀️フルーツサンド“ソーレ”
愛知県の春日井市でフルーツサンド“ソーレ”のオーナーをしています!
規格外のフルーツを使い、今ではヴィーガン対応のサンドで全国放送を含む4度のテレビ出演多くの方に知っていただけるお店をさせていただきました!

☀️コンセプト(ストーリー)作り
人、物事に価値をつけたりストーリーを作ることにより人、商品の価値を高める。

紹介の生まれることで、仕事もプライベートも充実するそんな生き方のサポート🙏コンサルした方で、仕事もプライベートも充実する人を多く世に出すことができました❣️

☀️0→1サポート
やりたいことがあるけど、形にすることが苦手だったり能力はあるのにそれを形にすることが苦手な方にサポートさせていただき一歩を踏み出すことを応援する“まごこん”をやっています!

ただビジネスをやるだけではなく自分自身をしっかり見つめ、心も身体も豊かになるお手伝いもさせていただいています。

☀️運が良くなる
これは見えないところですが、僕と密に関わる人は自己肯定感が
上がる方が多いので、基本的に運が良くなるし、奇跡みたいなことが増えます🥰

☀️繋がりが増える
僕の周りには本当に素敵な人がたくさんいるので、どんどんコラボしたりするので繋がりが圧倒的に増えます✨

そして、繋がりが増えることで世界観が圧倒的に広がり知らない世界を知ることができるようになります!

〜苦手なこと〜
🌵細かい作業が苦手。
どんぶり勘定になったり、細かい作業が増えるとスピードが一気に遅くなります🙏

🌵一対一が実は苦手
人と話するのが得意に見えるかもしれませんが、実は二人でご飯とか深い話をすることが苦手で自分の話をするのもタイミングが掴めずできないことも多い。

🌵電話
電話は昔トラウマになる位の出来事があってから基本は電話で物事を決めたりするのが苦手(早く切りたいと思ってしまう)なので緊急以外はLINEだと嬉しい🙏

🌵高圧的な態度の人
これはどんな人でも苦手です🙏

🌵人がたくさんいるところ
あまり見られませんが、実は人がたくさんいるところが苦手でいつも多くの人が来る場所は基本避けます😂🙏

🌵相手任せな人
コンサルとかしてても、指示を待ってたりとか、不満ばかり言ってやらない人🙏

〜最後に〜
僕は、結構仲良くなったり自分の話をするのに時間がかかることが多いです!

心許したらめちゃめちゃ尽くすし応援したいと感じるのですが、時間がかかることが多かったり。

細かいコミュニケーションを取ったらスムーズに物事が進む自信があります!!

ぜひ興味持ってくれた方はご連絡お待ちしています☺️

関連記事

ホテルにお得に泊まれる記事

無料ネットショップ作成

過去

最近の記事

  1. 36歳になりました!!ありがとうの循環

  2. カンボジア講演会 【幸せの本質と家族のあり方】

  3. 愛知県碧南市文化会館にて今ココを生きる『SHOGENプロデュース  ママに解けない魔法をかける 1日』

  4. まごこん旅で佐久島リトリートを企画しました。

  5. 過去のSNS投稿から学んだ、人との繋がりの大切さ

  6. 感謝と期待、自分に向ける新しい視点を持ちませんか?